TOYO MEDIA LINKS 東洋メディアリンクス

東洋メディアリンクスBlog

銀座・和光様 サウンド演出事例
夏のウインドウディスプレイ「航」

    おはようございます!
    7月第一回目のブログ更新です♪
    東京ではまだ梅雨は明けていませんが、7月と聞くと一気に夏になった気がしますね^^
    今日ご紹介するのは、そんな夏にぴったりの納入事例です♪

     

     

    和光様でのサウンドデザイン納入事例をご紹介します。
    銀座四丁目の交差点、時計塔のある歴史的なこちらの建物。
    銀座のランドマークといえば!和光様を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか^^

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design01

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、和光様は、季節に合わせたウインドウディスプレイが有名!
    毎回趣向が凝らされたデザインは、街をゆく人々を楽しませてくれます^^
    (こちらから過去のディスプレイもご覧いただけます。→https://www.wako.co.jp/display/

     

     

    今回、東洋メディアリンクスは、2017年夏のウインドウディスプレイ「航」にて、
    音響機材の選定など、サウンド演出のお手伝いをさせていただきました!
    見てください!銀座の交差点からでもぱっと目をひく鮮やかなデザイン!とても素敵ですよね^^

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design02

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    夜はライトアップされ、一層幻想的な雰囲気です。

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design03

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    夏のウインドウディスプレイのインスピレーションは、ハーマン・メルヴィルの冒険小説『白鯨』。
    白鯨の尾びれのような大海の荒波に翻弄され大きく揺れながら進む捕鯨船、
    その動きに波の効果音を加え臨場感ある表現を目指しました。
    世界が今よりほんの少し広かった19世紀、航海は自然や未知への挑戦であり、
    浪漫を駆り立てるものだったに違いありません。
    『白鯨』の出版が1851年、捕鯨船の寄港地として日本に開国を迫ったペリーの黒船来航が1853年、
    気づくとぐっと身近な物語に感じてきます。(和光様HPより)

     

     

     

    黄色い捕鯨船は、モーターで制御され、荒波を行くかのように動いています。
    臨場感を出すため、波の効果音演出に使われたのは、オーシャンドラム。
    上から吊り下げられており、左右に揺らすことで、波のような音を作っています。

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design04

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                                                
    オーシャンドラムの音だけを的確に拾いたかったので、
    高い明瞭度で音を捉えることのできる、超指向性のショットガンマイクを下に設置しました。

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design05

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    オーシャンドラムの音は、ウインドウ下に装着した2つの振動スピーカーを使って流しています。
    本当は聴こえないウインドウの中の音を、外にいながら聴くことができます^^
    振動でガラスを響かせることによって、ウインドウ全体が高性能のスピーカーに変身!
    ガラス越しに「店と街が、音で繋がる」。
    通常のスピーカーとは一味違う、特別なサウンド演出を可能にしています。

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design06

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、振動スピーカーなら、
    「ウインドウディスプレイの音を流したいけど、外にスピーカーを設置できない・・・」
    といったお悩みを解決!
    「何の音だろう?」という”イヤーキャッチ”は、空間演出としても販促としても活用できます^^

    170627_wako_ginza_window_display_2017_summer_sound_design07

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

        

     

      

     

    こちらから動画をご覧いただけます。

     

     

    オーシャンドラムの音もこちらからお聴きいただけます♪

      

      

    和光様2017年夏のウインドウディスプレイ「航」は8月2日までです。
    お近くにお寄りの際は、ぜひご覧ください^^  

     

     

    東洋メディアリンクスでは、ウインドウディスプレイ、ショーウインドウなどの
    サウンド演出にも多数実績がございます!
    ご興味のある方は、ぜひお気軽にこちらからご相談ください♪

     

     

     

    和光様
    この度は弊社納入事例へ多大なご協力をいただき、誠にありがとうございました。

     

    和光様 Webサイト
    https://www.wako.co.jp/