TOYO MEDIA LINKS 東洋メディアリンクス

東洋メディアリンクスBlog

現場レポ! ~監視カメラのキッティング~

    10月になりました!
    東洋メディアリンクスは9月決算なので、今日から新しい期の始まりです。
    気持ちも新たに、blogでも最新情報をどんどん更新したいと思います^^

     

    今回の記事は、川崎にある東洋メディアリンクスの商品センターからお届けします。
    (川崎商品センターについては、こちらの記事でもご紹介しています。)

    151001avc_solution_camera_kitting01

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回は、某金融機関様に納入させていただく、
    監視カメラ(ネットワークカメラ)のキッティング作業を取材してきました^^ 

                                                
    システムサポート部の水田社員にお話を伺いました!

    151001avc_solution_camera_kitting02

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    -キッティングとは、具体的にどのようなことをしているのですか?

     

    水田:キッティングとは、簡単に言うと「組み立てる」、「準備する」という意味です。
    ネットワークカメラを使用するには、事前にネットワークの構築が必要になります。
    実際に使用する前に、ここで設置先と同じ使用環境を再現し、一台一台設定作業を行っています。

     

    -なるほど!一度お客様の環境をここで再現しているんですね。
    どのような設定を行っているのですか?

     

    水田:建物の規模やお客様からのご要望にもよりますが、各カメラが映す担当領域や、
    録画する時間、画質、映像を保存する期間、ハードディスクの容量計算などがあります。
    また、カメラと連動するレコーダーや、カメラを制御したりモニタリングを行うパソコンの設定も
    含まれます。

     

                                                
    この日キッティングされていたネットワークカメラはこちらです。
    手のひらサイズで、かなり軽量でした!

    151001avc_solution_camera_kitting03

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    他にも様々な形のカメラがありました。
    こちらはドームカメラ。ATMコーナー等でよく見かけますね。
    カバーを外した姿はロボットみたいです!

    151001avc_solution_camera_kitting04

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      

    上段の白い円盤のようなカメラは、新製品で、360度死角なしで撮影ができるそうです!

    151001avc_solution_camera_kitting05

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カメラの背面とパソコンをLANケーブルで繋ぎ、一台一台設定を行います。
    ずらっと並ぶと圧巻ですね!

    151001avc_solution_camera_kitting06

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    パソコンでモニターを行い、ちゃんと録画できているか確認します。

    151001avc_solution_camera_kitting07

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      

    こちらは、録画した映像を記録するレコーダーです。
    前面のパネルを開いて、ハードディスクを挿入します。
    現場環境や状況に合わせて、記録容量の増減が可能なタイプとのことです。

    151001avc_solution_camera_kitting08

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    -たくさんのカメラをキッティングしているんですね!ひと月ではどのくらいの数になるんですか?

     

    水田:規模にもよりますが、一店舗につき30~50台カメラを設置することが多いので、
    月間では500台以上になるでしょうか。

     

    -500台以上も!
    外注でキッティングを行っている企業もありますが、自社で行っている理由はありますか?

     

    水田:商品センター内で検品、設定、動作確認、発送まで全て行っているので、現地での初期不良や
    ヒューマンエラーを回避することができ、かつ外注よりスピーディな対応が可能です。

    また、設定時にセルフチェックを行い、設定終了後に別作業者によるダブルチェックを行います。
    そして現地で設置工事をする際にも、必ず社員が立ち会います。
    このトリプルチェック体制が、自社でキッティングを行うメリットと言えるのではないでしょうか。

     

    -なるほど!チェック体制がしっかりしていることは、お客様へのアピールポイントにもなりますし、
    東洋メディアリンクスへの信頼感、安心感にも繋がりますね。

     

    水田:そうですね。お客様の信頼に応えられるよう、我々も細心の注意を払って作業を行っています。

     

     

    水田さん、ありがとうございました!
    今回の取材を通して感じたことは、まさに「縁の下の力持ち」。

     

    東洋メディアリンクスは、監視カメラシステムにおいて30年以上の納入実績を持っています。
    長年の実績と経験を持つ、東洋メディアリンクスの堅牢なAVCソリューションは、
    「縁の下の力持ち」である専任スタッフの皆さんによって築かれてきたんですね。

    151001avc_solution_camera_kitting09

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回は、川崎商品センター内での、監視カメラのキッティング作業をお届けしました^^

     

    東洋メディアリンクスは、設計や機器の選定、施工、保守まで一貫して自社で行うことが可能です。
    監視カメラシステムやAVCソリューションについてご興味のある方、ご相談ごとのある方は、
    お気軽にこちらからお問い合わせください!

     

     

    AVCソリューションについての詳細はこちらのページをご覧ください。