TOYO MEDIA LINKS 東洋メディアリンクス

東洋メディアリンクスBlog

新宿駅「NEWoMan」 サウンドデザイン 演出事例

    今回のブログは、3月にオープンしたJR新宿駅直結の商業施設、
    NEWoManでのサウンドデザインをご紹介します。

     

     

    「NEWoMan」は、株式会社ルミネ様が運営される、新業態の商業施設です。
    施設全体の約8割のショップが新宿初出店!
    国内外で活躍するクリエイターが集結し、ショッピングだけでなく、
    アート、建築、デザインを楽しむことができる、今大注目の商業施設です。

    160616_NEWoMan_sound_design01

      

    ファッション・雑貨のショップは、これまで新宿エリアになかった店舗が数多くラインナップ。
    感度とクオリティを兼ね備えたセレクションです。
    また、カフェ・レストランのショップもファッション同様こだわりの店舗が充実。
    日本初上陸のお店も揃い、連日多くのお客様で賑わっています^^

     

    今回、東洋メディアリンクスは、
    館内放送、オリジナルのオープニング・クロージングサウンド、
    トイレ用BGM、一部エリアのBGMをプロデュースさせて頂きました。

     

     

     

    ◆ 「NEWoMan」 オープニング・クロージングサウンド
    今回、サウンドデザインの一環として、
    「NEWoMan」を象徴する、オリジナルのオープニング・クロージングサウンドを作りました。
    ルミネ様からのリクエストで作曲をお願いしたのは・・・

     

     

    菊地成孔さんです!

    160616_NEWoMan_sound_design02_kikuchi_naruyoshi

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    菊地成孔(きくち なるよし)
    音楽家/文筆家/音楽講師

     

    東京ジャズシーンのミュージシャン(サキソフォン/ヴォーカル/ピアノ/キーボード/CD-J)として活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開、演奏と著述はもとより、ラジオ/テレビ番組でのナヴィゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。 (公式WEBサイトより一部引用)

     

     

    「New」と「Woman」を組み合わせた「NEWoMan」のネーミングは、
    「あたらしい時代を生きる、すべてのあたらしい女性のために。あたらしい経験と出会う場所。」
    というコンセプトからつけられました。
    このコンセプトからイメージを広げ、「NEWoMan」にふさわしい音楽を追求した結果、
    今回のオープニング・クロージングサウンドが生まれたのです。

     

                                                    
    3月某日、都内のスタジオにてレコーディングが行なわれました。

    160616_NEWoMan_sound_design03 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     160616_NEWoMan_sound_design04

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       

    サックスとピアノのメロディーが印象的な今回の楽曲。
    菊地さん自らがソプラノサックスを演奏しています。

      

    そしてピアノは・・・

     

     

    日本を代表するピアニスト、大西順子さんをお迎えしました!

    160616_NEWoMan_sound_design07_oonishi_junko

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大西順子(おおにし じゅんこ)
    ピアニスト

     

    1967年4月16日、京都生まれ。東京に育つ。1989年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。1993年1月、デビュー・アルバム『ワウ WOW)』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、2000年3月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。そして2007年、多くを語らず活動再開。かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。2009年7月、実に11年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』よりリリース。2010年2月、『楽興の時』がフランスにてリリース。3月には、ユニバーサル移籍第一弾となる新作『バロック』を、かつてプロとしてのキャリアをスタートさせたニューヨークでレコーディング。同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。オーチャードホールでのCD参加メンバーによる豪華なコンサートは大変な話題となる。(公式WEBサイトより一部引用)

     

     

    2012年に引退を表明されていましたが、
    今回、菊地さんが大西さんの復帰アルバムをプロデュースしているタイミングだったこともあり、
    急遽参加して頂けることになりました。
    音楽好きにはたまらない、なんて豪華な演奏陣なんでしょうか・・・!!
    (レコーディングに同席した弊社の担当者も、涎を垂らしていたとか、いないとか。)

      

     

    大西さんのレコーディング風景。
    細かなニュアンスやリズムにもかなりこだわってレコーディングが進められました。
    復帰アルバムが待ち遠しい限りです!

    160616_NEWoMan_sound_design05_oonishi_junko

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    別スタジオでの収録をこっそりパシャリ。(笑)
    ソプラノサックスを演奏中の菊地さん。

    160616_NEWoMan_sound_design06

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「NEWoMan」オープニング・クロージングサウンドの特徴は、曲の展開が多いこと。
    リズムにはマーチの要素も取り入れられています。

     

    大西さんの指使いまで感じられそうな軽やかなタッチ、
    曲が進むにつれ熱量を増していく力強いピアノと、
    曲中盤の菊地さんの伸びやかに自由に駆け巡るサックスソロが本当にかっこよく、聴き応え抜群です!

     

    ピアノやサックスの生音と、光のように輝く音色が重なり、
    ”大人の女性が新しい冒険に向かって前へ前へ進んで行く、しなやかな力強さ” を感じることができます。
    まさに「NEWoMan」の提唱する、新しい女性像を象徴する曲に仕上がりました!

     

    菊地成孔さん作曲の、「NEWoMan」オープニング・クロージングサウンドは、
    「NEWoMan」の開店、閉店時に聴くことができます。
    開店時は3分のショートバージョン、フルバージョンが聴けるのは閉店時のみというレア音源!!
    閉店時に、フルバージョンを聴きにいらっしゃるお客様もいるのだとか!
    本当に素敵な曲ですので、「NEWoMan」にお越しの際は、ぜひ現地でチェックしてみてくださいね♪

     

     

     

    ◆「NEWoMan」トイレ用BGM
    「NEWoMan」は、トイレも個性的でデザイン性の高い空間になっています。
    植物を使ったディスプレイは、まるでトイレだということを忘れてしまうくらい素敵!
    一部のトイレの洗面台には、なんとダイソンのハンドドライヤーが搭載されています。
    ハンドソープなどのアメニティもとてもおしゃれで、洗練された雰囲気。

     

    今回、そのトイレの空間に合わせて、BGMを選曲させて頂きました。
    弊社の制作ディレクターが、1曲1曲丁寧にお選びしました。
    メロディが立ち過ぎない、アンビエントを中心とした落ち着くサウンドになっています。
    館内とはまた違った雰囲気ですので、ぜひトイレのBGMにも注目してみてください^^

     

     

     

     

    株式会社ルミネ様
    この度は弊社納入事例へ多大なご協力をいただき、誠にありがとうございました。

     

     

    NEWoMan Webサイト
    https://www.newoman.jp/

     

    菊地成孔さん Webサイト
    http://www.kikuchinaruyoshi.net/

     

    大西順子さん Webサイト
    http://junkoonishi-art.com/